職種紹介

中央警備保障の職種

採用情報はこちらから

常駐隊員

【常駐隊員】の仕事とは?

学校・病院・ホテル・旅館・工場・商業施設・官公庁施設など多数の施設において警備員を常駐させ、お客様や施設の利用者が安心してすごして頂けるよう、日夜問わず様々な業務を行っています。
【常駐隊員】の仕事内容は施設によって様々であり、【常駐警備業務】の代表的な業務として、【出入管理業務】があります。施設内に不審者が入らないよう、出入りされる関係者・利用者・来訪者などの身分確認を行う業務です。並行して【鍵の管理業務】があります。【常駐隊員】にて施設の鍵を管理し、関係者や利用者に対し、鍵を貸し出したりする業務です。
その他には【巡回警備業務】があります。施設の外や館内において、火災が発生していないか、または不審者や不審物・不審車両がないかなど見て回る業務です。巡回に付随して【開閉館業務】があります。巡回時に電気の点灯や消灯を行ったり、扉の開錠や施錠を行ったりする業務です。
その他には【防災センター業務】があります。守衛室などにおいて防犯カメラの映像の監視を行ったり、火災発生時には119番通報や関係機関への連絡を行ったり、避難誘導を行うなどの業務です。
最近では【常駐警備業務】に【機械警備業務】を併用したり、防犯カメラの普及になどにより、より効果的で質の高い警備を提供出来るようになっています。

採用情報はこちらから